何にでも使える風呂敷

グッドデザイン賞受賞

撥水風呂敷は人々の暮らしや社会をより豊かにするものとして
グッドデザイン賞を獲得しました。

その使い方は幅広く、使用する人の目的や用途によって様々に変化します。

普段の荷物の中に加えておけばエコバッグ代わりにもなりますし、
急な雨から大切な荷物を守ることができます。

また、肌触りの良い生地を使用しているので、寒い日には
スカーフやひざ掛けとして使うことも可能です。

撥水加工がしてあるのでテーブルクロスとしても利用できます。

飲み物がこぼれても軽くふき取るだけできれいになるので後片付けが簡単です。
撥水加工の最大の特徴である水をはじく機能を利用して、災害時には
水そのものを運ぶこともできます。

水を運ぶ

風呂敷をバケツ代わりにすることは従来の風呂敷では決して真似ができない驚きの使い方です。
使い勝手が良く便利な撥水風呂敷ですが、油分や汚れが付着すると
撥水性が低下してしまうのでお手入れが必要です。

汚れてしまったときに洗濯できる点も撥水風呂敷の大きな特徴です。
耐久性があるので、洗濯機で他の衣類と洗濯しても問題ありません。

洗剤や柔軟剤には吸水性があるので、洗濯をすると一時的に
撥水機能は無くなりますが、水ですすげば元に戻ります。

手洗いの場合も同様です。撥水機能を長く保つためによくすいで
洗剤を落としてください。劣化の原因になるので漂白剤の使用はできません。

洗濯後はそのまま使用しても問題はありませんが、アイロンをかけると撥水性が回復します。

アイロンを使用する場合は160℃くらいの温度で当て布をすることをおすすめします。
風呂敷は昔から人々の暮らしと深い関わりがあります。

水に耐える

撥水加工を加えることで、従来の風呂敷の枠を超え、生活をより豊かにする
道具として進化を遂げました。デザインや種類も豊富にあるので、
お気に入りのものを見つけて持ち歩けばいつものお出かけが
さらに便利で楽しいものになるでしょう。

風呂敷は日本の素晴らしい文化です。
いろいろなものを撥水風呂敷で包んで粋な気分を味わってみてはいかがでしょうか。